Konditor and Cook

c0072096_7111373.jpg先週の土曜日は友達の誕生日でお呼ばれしました。「ケーキはいくらでも歓迎!」ということでしたが、かぶってもなんだしと思いチョコを持参しましたが、フラットにお邪魔すると、すでに3つのケーキがドカーンと置いてありましわ。で、「これをみろっ!」という感じで差し出されたのが写真左の「Konditor and Cook」のフルーツケーキ。この「Konditor and Cook」ってケーキ屋さんはロンドンで一番Poshなんだそうだけど、私は知りませんでしたわ。とういうわけでもな大興奮。ちなみのこのケーキは彼女の72歳になるお友達からのプレゼントだそうです。
c0072096_7183637.jpgその右側はTesco”Finestシリーズの”チョコレートケーキ。そして右の白いアイシングがかかっているのも同じくTescoのキャロットケーキ。さて、コンディトール&クックからいってみよう!トップの果物はどうやらルバーブのようです。これ日本ではなんていうんでしょうか?とにかく茎なのです。このルバーブの緑とピンクバージョンが綺麗に飾られています。うまい!
c0072096_7252639.jpgそしてチョコケーキ。これもなかなかいけます。なんかホッとする味です。がしかし、ここで元が「あんこ系」の私はギブアップ。キャロットは入らない。残念!さらにそのあと、バースデイパーティ会場となったグリークカフェでもチョコケーキを注文。しかもまわりのデコレーションは蜂蜜!口が、喉がアマアマです。フラットに帰ってから残っていたケーキを食べ始めるツワモノ達には完敗。とっても甘いハッピーバースデイであった。
[PR]
by decomax | 2005-05-27 07:31 | eat out
<< Night Time Milk Chapter Two >>