<   2005年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

Mediterranean Tomato Soup

c0072096_0492858.jpgWaitroseの「地中海トマト」風味カップスープです。こういうスープって当たりはずれが多いけど、ちょっと小腹が空いた時なんかに便利なんで試してみることにしました。結構たっぷりめのパウダーが入っております。お湯を注いでスプーンでかき回していると、かなり手応えがある。ポテトスターチがかなり効いているもよう。一口いきます。んっ?なんだろこれ?しょっぱいかな?チビチビやります。おいしい?なんだかよくわかりません。ドライトマトのような物が口に入って参りました。味はしっかりしているですが、おいしいのかまずいのかわからない!そう思っている間にかなり飲んでしまいました。結論は持越しです。
[PR]
by decomax | 2005-05-31 00:56 | スーパー

Mushroom&Herb sausages

c0072096_318149.jpgWaitroseのベジタリアン用ソーセージです。原材料を見ると、「Tofu(30%)、mushrooms(21%)、onions(17%)他」となっておる。なんで商品名が「豆腐&マッシュルーム ソーセージ」じゃないのか不思議だわっ!健康志向のベジタリアンさんには「Tofu」を前面に出したほうがインパクトがあっていいように思うけどなぁ。どうなのさっ?

c0072096_3185627.jpgサンドイッチにすることにしました。一緒に中に挟まってくれるのはピクルスです。といっても「きゅうりの酢漬け」とかじゃなくって、ソース用のピクルス。中味は人参、カリフラワー、かぶ、玉ねぎその他もろもろの野菜が入っておりますが、全部茶色に染まってなにかよくわかりません。

c0072096_3194583.jpgちょっと白めのソーセージをフライパンで炒めて半分に切ると、「これどっかで見たことある」って頭をよぎる。そして食べてみますと、「あれだ、アレ、豆腐ハンバーグ」食感もよく似てるし、味はハーブが強いもののかなり近い感じ。これで歯に椎茸とレンコンが挟まったらまさにそのものですな。親しみやすいお味のお陰でぺロリと食べてしまいました。くせのあるというか、なんか口にあわないイギリスのソーセージよりはこちらを支持したい私であった。
[PR]
by decomax | 2005-05-30 03:22 | スーパー

炭水化物

c0072096_2402040.jpg炭水化物が好きだっ。いけないと思いつつ、つい手がのびてしまいます。2度目の登場のチップスは、今回はHeinzの”Weight Watchers”シリーズです。っていうか”Weight Watchers”シリーズの中のHeinzの製品のようです。紫のパッケージもさることながら、Tescoで”Buy1 Get1free”になっていたので1kg入りを2個も購入。この「一つ買ったら2つ目はただ」セールにはよくひっかかるのよね。(いきなり半額って凄いよね。)これと端数が「9」例えば99p、日本でいうならば「98円」はこっちの小売店の売りのテクニックです。

c0072096_3504223.jpgお供をしてくれるのは、Tescoの”Healthy living”シリーズのベイクドビーンズ。大豆のトマトケチャップ煮といえばいいのでしょうか?日本人にはこの味は好きと嫌いがはっきり分かれるような気がします。日本のスーパーで売っていないから、恐らくウケない味でしょうな。そして全粒粉のトーストにスプレッドと、これまた低カロリーのチェダーチーズをおろしてのせます。すでにチップスはいい色に出来上がってお皿に乗っております。ケチャップさん早くきてねー。
c0072096_3554284.jpgその上に温めたビーンズさんをドバーっとかけます。チェダーが溶けていい感じ。このベイクドビーンズonトーストはナイフとフォークでいただきます。これが結構好きでたまに凄く食べたくなる。牛丼みたいなものでしょうか?一応、低カロリーシリーズでまとめていますが、総カロリーは恐くて考えられません。がしかし、炭水化物はやめれない。イギリス人はこのチップスをパンに挟んで「チップスサンド」と称して食べたりする。アナタモ、タンカブ中?
[PR]
by decomax | 2005-05-29 04:06 | スーパー

Night Time Milk

c0072096_2504663.jpgこの前セインズベリーで見かけてから「なんだろう?」と思っていたのですが、今日おもいきって購入してみました。なんでも「メラトニン」という物質が普通のミルクより多く入っていて、それが安眠にいいらしい。別に特別な牛から搾乳するわけではなく、朝一番に絞ったミルクはメラトニン含有率が多いらしい。たしかメラトニンは日光に当たることで体内で分泌されるというのを聞いたことがあるわ。でもってこれが不足すると鬱になる。
c0072096_2581832.jpgということは冬の長いイギリス人には必要なのかもしれないなぁ。1日に250mlを寝る前に飲むといいということですが、今日はとにかく暑いのだ!5月の最高気温では記録的な暑さらしい。というわけで夕方から飲んでみました。「セミスキムド」と書いてあるとおりお味は薄め。フルファット派の私としては物足りないので紅茶に入れて飲もうかと思ったけど、これじゃ本末転倒ね。とにかく今日は喉が乾いて水分とりまくりです!
[PR]
by decomax | 2005-05-28 03:04 | スーパー

Konditor and Cook

c0072096_7111373.jpg先週の土曜日は友達の誕生日でお呼ばれしました。「ケーキはいくらでも歓迎!」ということでしたが、かぶってもなんだしと思いチョコを持参しましたが、フラットにお邪魔すると、すでに3つのケーキがドカーンと置いてありましわ。で、「これをみろっ!」という感じで差し出されたのが写真左の「Konditor and Cook」のフルーツケーキ。この「Konditor and Cook」ってケーキ屋さんはロンドンで一番Poshなんだそうだけど、私は知りませんでしたわ。とういうわけでもな大興奮。ちなみのこのケーキは彼女の72歳になるお友達からのプレゼントだそうです。
c0072096_7183637.jpgその右側はTesco”Finestシリーズの”チョコレートケーキ。そして右の白いアイシングがかかっているのも同じくTescoのキャロットケーキ。さて、コンディトール&クックからいってみよう!トップの果物はどうやらルバーブのようです。これ日本ではなんていうんでしょうか?とにかく茎なのです。このルバーブの緑とピンクバージョンが綺麗に飾られています。うまい!
c0072096_7252639.jpgそしてチョコケーキ。これもなかなかいけます。なんかホッとする味です。がしかし、ここで元が「あんこ系」の私はギブアップ。キャロットは入らない。残念!さらにそのあと、バースデイパーティ会場となったグリークカフェでもチョコケーキを注文。しかもまわりのデコレーションは蜂蜜!口が、喉がアマアマです。フラットに帰ってから残っていたケーキを食べ始めるツワモノ達には完敗。とっても甘いハッピーバースデイであった。
[PR]
by decomax | 2005-05-27 07:31 | eat out

Chapter Two

c0072096_0455763.jpgBlackheathにあるレストラン「チャプター トゥー」が「ランチタイムお一人様10ポンド」サービスを今月末までやっているというので行って参りました。いやぁ、ブラックヒースはいつ行ってもいいですね。別になんてことないところなんだけど、お天気のいい日にはピクニックにぴったりな広い野原と、その向こうに見えるドックランズの高層ビルのコントラストがなかなかおもしろい。あのビルの中には「NOBU」もあるしね。

c0072096_0522075.jpgc0072096_053091.jpgc0072096_0534096.jpg
パンは2種。2つとも小ぶりです。子供の手のひらサイズ。三角形のは全粒粉でややしょっぱめのお味。四角は白パンね。左にあるオリーブがおいしかった。これも小ぶりなのだけど、実がきゅっとしまってるし、味も塩加減が程よいし、酸味が控えめ。ワイン無しで10粒ほど一気食いしてしまいました。

c0072096_1126.jpgc0072096_122671.jpg
お料理は「前菜、メイン、デザートのうちから2つで10ポンドのサービスコース」ということなので、メインとデザートかあら選ぶことにして、私は「鴨の足のロースト」、友達は「サーモン」を注文。運ばれてきたサーモンの盛り付けがとっても綺麗な色合いで初夏らしい。私の鴨は色も見かけもワイルドな感じ。ナイフを入れると鴨さんの皮がとってもクリスピー。まずは鴨肉をパクリ。ちょっと臭みが強いかな。2口目はマッシュポテトと一緒にいってみましたが、これがなんと鴨の臭みがいきなりきれいに消えてしまった。摩訶不思議。そして3口目はほうれん草とマッシュ、茶色のソースでいただくと結構いい調和ぶり。この茶色のソースは甘味がありました。そしてマッシュはバターと生クリームとお塩。ハーブは感じなかったけど、入っているのかな?とってもまろやかでおいしい。サーモンは食べそこなっちまいました。残念。c0072096_112447.jpgc0072096_1131082.jpg
お待ちかねのデザートの時間。左はブルーベリーのチーズケーキ、左はパンナコッタ。パンナコッタにこんなにラズベリーソースがかかっていると思わなかったわ。パンナコッタはそれほど甘くないけど、もっちり感があって食べ応えあり。チーズケーキは、一見台の部分が硬そうに見えるけれど、これは「枠」で中はトロトロのクリームチーズでいけてます。量が多くて食べきれなかったわ。c0072096_116341.jpgc0072096_118178.jpg
左はフロートコーヒー。熱いコーヒーの上に2センチほど生クリームが乗っております。ロンドンでカプチーノを頼むといつも思うのだけどコーヒーが冷めてる。ここもご多分にもれず、ぬるくなっていて減点。だけど、お口直しの「甘物」が2種類もでてきて、手前のラズベリーのジェリーがとってもおいしかったので許す。コーヒーとミネラルウォーターは別料金だったけど、このボリュームで10ポンドはお得。サービスもよろしゅうございました。と、満足して外に出るとこんなお下劣なナンバープレートの車が止まっておりました。ぷりぷり!
c0072096_1232188.jpg

[PR]
by decomax | 2005-05-26 01:30 | eat out

Roast cherry tomato and pesto tarte

c0072096_637273.jpg"Waitrose”の「ミニトマトのキッシュ」です。ここのところウェイトローズには本当に楽しませてもらってますわ。パッケージには「幾層にも重なったジェノバソースのトップに、クリーミーなチーズの詰め物。その上には手で飾りつけたミニトマトと炒めた玉ねぎがバターをふんだんに使ったキッシュ台に盛り付けらています」だと。んぐぐぐ、すでによだれが。それではオーブンで20分焼きます。
c0072096_6455055.jpgc0072096_6473992.jpg
チーズが焦げるっていい香りですね。さてナイフを入れると、中からトロ~リとチーズが出てくる。一口食べてみますと、なかなかおいしい。塩加減は丁度いいし、玉ねぎの炒め具合がいいのか甘味がよくでています。ちょっとしたカフェのよりおいしいね。日本でだったらレストランでも出せそうよ。サラダ用のトマトが余ったのでトッピング(hand garnishよ)したけどトマト汁とチーズの味のからみはいつ食べてもおいしいなと思う。付け合せに、冷蔵庫のあり合わせサラダ&昨日行ったグリークカフェメニューに影響された「ホタルイカのガーリックオイル炒め」をあしらいまして、なかなか味わいのあるブランチであった。
[PR]
by decomax | 2005-05-23 07:01 | スーパー

Peanut cookies

c0072096_9451772.jpgHellemoのピーナッツクッキーです。これも”Waitrose"でゲットしてきました。初めてみるビスケットだわ。このちょっち高級感のあるエンジ色のパッケージと光沢感のあるピーナッツの写真に惹かれて思わず手を伸ばしてしまいましたがお味のほうはどうでしょうか?
c0072096_9582493.jpgサクサクした口当たりと、ピーナツの香ばしさ。これなんか食べたことある味だぜ!?なんだなんだ、玉子せんべい??ちょっと違うなぁ。あぁそうだ、「格子せんべい ピーナッツ入り」に似てるんだ!凄く馴染みのある味に思わず2枚3枚と一気食い。日本茶が欲しいと思いつつ、「今日はここまでね」と我慢しなきゃならないほど止められない味。ヒットです。
[PR]
by decomax | 2005-05-22 10:07 | スーパー

Gordon Ramsay

昨夜ジョナサン・ロスの番組にゴードン・ラムジーが出ていて、今年の7月に日本にレストランをオープンする話になって、ジョナサンが「すき焼知ってる?しゃぶしゃぶは?」と訊いたら、「知らない」。「お好み焼き?」、首を横にふる。いけずなジョナサンは流暢な日本語で「あなたは寿司を食べませんか?」といっていたけど、ほんと、このゴードンの無知ぶりにはびっくり!これから自分のレストランをオープンする国の代表的な料理くらい知っておくのが当たり前じゃないの?と一人あっけにとられてしまった。ところで彼って日本で人気あるの?
[PR]
by decomax | 2005-05-22 09:56 | ひと

Bee Pollen

c0072096_3121017.jpgc0072096_314022.jpg
友達が「おもしろいものがある」といって見せてくれたのは蜂関係の栄養食品。ラベルを見たときは「ロイヤルーゼリー?」と思ったけれど、中味をみてびっくり。これは一体なんじゃらほい?そのパッと見、「インコの餌」のような粒粒さんを手のひらにとりまして、ぺロッとおそるおそるなめてみましたら........友達の声がかぶさる「青汁でしょ?」。そうそうそれぇぇぇぇぇぇ!青汁です。蜂蜜の甘さを期待していた私は裏切られた気分よ!シリアルにかけたりして食べるらしい。蜂といい青汁の味といい体には良さそうです。Made in New Zealand。

気分を変えて、

c0072096_3223467.jpgc0072096_32343.jpgc0072096_3233115.jpg

左から、熊の蜂蜜とペンギンの哺乳瓶(2匹ともかぶりものが好き)、ペンギンの哺乳瓶の正体(ミルクを入れるとお腹が白くなります)、サルの腰掛&涙のソルト&ペッパー入れ

                 やっぱこういうものはなごんでいいねー。
[PR]
by decomax | 2005-05-21 03:30 | スーパー